答えは自分の中にあるよ

尼寺修行日記

記録9・祝詞

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
尼寺を継ぐことへの覚悟を決めてから、第二の修行が始まりました。今までの10年間の修行記録を残さなかったので、今回は記録として残していきます。

大浴場に浸かっていたら、ふと

何かあれば来れるから呼べ、と。
祝詞を言えば来れるよ、と。

祝詞?
祖母が使っていた本に載っていた祝詞集の中にあるのよね。。。

と、調べてみたら、ありました。
祝詞。

掛けまくも畏き
伊邪那岐の大神
筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に
禊ぎ祓へ給ひし時に
生り坐せる祓戸の大神等
諸々の禍事・罪・穢
有らむをば
祓へ給ひ清め給へと
白すことを聞こし召せと
恐み恐みも白す

かけまくもかしこき
いざなぎのおほかみ
つくしのひむかのたちばなのをどのあはぎはらに
みそぎはらへたまひしときに
なりませるはらへどのおほかみたち
もろもろのまがごとつみけがれ
あらむをば
はらへたまひきよめたまへと
まをすことをきこしめせと
かしこみかしこみまをす

ふう(^_^;)
完全にコピペできなかった💦
書いて覚えよ、とのことですね。

これを、まず唱えよ、とのことです。
さすれば、飛んで参るぜよ、と。。。

この記事を書いている人 - WRITER -
尼寺を継ぐことへの覚悟を決めてから、第二の修行が始まりました。今までの10年間の修行記録を残さなかったので、今回は記録として残していきます。

Copyright© 尼寺修行日記 , 2019 All Rights Reserved.