いつだって、答えはあなたの中にある

Green Flower

新居のこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ガーデニング好きなフラワーセラピストです。 自分の状態を整えること、自分の中の違和感に気付くこと、自分らしく楽に生きること、を楽しんでやっています♫

夫婦再生のために夫婦カウンセリングに来て頂いた、浜松市にお住まいの40代女性。
カウンセリングの中で、ふと気になった「結婚を考えた時の気持ちは?」から、このお話になりました。
了承を頂き掲載させて頂いております。

 

 

「結婚を考えた時の気持ち」の続きです。

新居は結婚式の数ヶ月に決まっていました。
マンションを買いまして。
これもまた、私の一存だった記憶があります。。。
どこまでも自分本位だった当時の私。。

新居に新しい家具を揃えることが、もう、本当に本当に楽しかったんですよ。
私は、「実家を出たかった」のだと思います。
自分の好きな家具を揃えてマンションに住みたかった、のだと思います。

なので、憧れていた赤いソファーを、当時好きだった雑貨屋さんで購入しました。もうそれだけで幸せでした。

そう。
そうなんです。
私はこの結婚には「私」しか登場してこないんです。
相手がいるのですが、確かにそこには存在しているのですが、私は相手のことを「見て」いなかったんです。

「人」とし見ていなかったんです。
結婚出来る「相手」
好きなソファーを置ける「家」
結婚した「私」

完全に妄想を形にしただけです。
そこに、心のある人間がいません。

そんな生活なので、長く続くはずはありませんよね。
結婚したにも関わらず、独身の時と同じように遊ぶ私。
家事はするものの、自分のペース。
「奥さん」であることを時々楽しむ。
でも、基本的には自由に過ごす。

相手があっての生活どころじゃありません。
一人で自由に暮らしているような生活でした。
そんな暮らしは生活でもなんでもなく、おままごとです。

数ヶ月経つと喧嘩ばかりの毎日です。
原因は私のわがままです。
こんな生活いやだ、思っていたのと違う、もう出て行く。
相手は相手で、アルコールに頼るようになります。
もう、破綻がチラチラ見え始めています。
感謝なんて言葉が存在しない空間でした。

そんなことを繰り返していてはもうだめだと思い、私は家を出ました。
もう無理だと思いました。
あんなに出たかった実家に、また戻ってきたのです。
この時初めて、実家のありがたみがわかりました。
ここで、感謝の気持ちが生まれたんですね。
感謝の気持ちに、気づいたという表現が近いかな。

周りの人達は何も変わっていなくて、ただ自分の環境が大きく変わったし気持ちも変わった。
それなのに、周りの人も変わっているかのように感じたのは初めてでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
ガーデニング好きなフラワーセラピストです。 自分の状態を整えること、自分の中の違和感に気付くこと、自分らしく楽に生きること、を楽しんでやっています♫

Copyright© Green Flower , 2018 All Rights Reserved.